【レポート】”究極の”TKGイベントでした◎
April 30, 2018

菜花ののこる季節に、家族で卵の収穫体験をしたい!というリクエストをいただき、究極に旨い卵かけごはんイベントを開催しました◎
炊飯器で炊いたごはんに、スーパーで買ってきた卵を割りいれ、醤油をかければ卵かけごはんの完成。でも、食卓に並べる卵かけごはんとはちょっと違うのが、このイベント!じゃあ、何をするの?というとー
1. 火を起こす。
2. 羽釜でごはんを炊く。
3. 卵を収穫する。
大きく分けてこの3つ!
“究極の”とつけるからには理由がある。まだ産まれて間もない、本当の産みたて卵を自分の手で収穫することにあるのです☆

この日、体験しに来てくださったご家族は大田区からはるばるお越しいただきました(蒲田が近いと聞き餃子に目がないスタッフ隊長は、途中ニワトリよりも餃子の話に夢中になってしまいました、ごめんなさい笑)。
ニワトリに触れるのは初めてという子どもたち、静かに鶏舎の中を覗きます。それでは、早速中に入ってみましょう♪
朝ごはんを終えたとところでしょうか?自由にのびのびスタイルの浅子ファームのニワトリさんです◎
箱の中をのぞくと・・・あったよ、あった!ニワトリの卵!!
大切そうに抱えている卵を、ごめんね〜と声かけて手を入れます。ニワトリにも伝わったのか、たくさんの卵を収穫することができました◎
スタッフが、「抱っこしてみる?」というと抱っこにチャレンジするお兄ちゃん!
「トサカ触ってみる?」というと恐る恐る手を伸ばす弟くん。
怖がって鶏舎に入れなかったり、入れても泣いちゃってお父さんに抱っこされたままだったりする子もいるのですが、この兄弟のなんと立派なコト・・・!火起こしや羽釜への火入れも楽しんでいました◎
この日は、3月末に開催したイベントの菜花がまだ残っていたので、摘み取りも楽しんでいただきました。
「2本の指でパキっと折れちゃうくらい柔らかくて美味しいんだよ〜」と、スタッフがその場で摘んだばかりの菜花を食べると、それをマネして弟くんもかぷっと食べてました。笑
ほろ苦さが特徴で子どもには決して美味しいと言えない菜花ですが、美味しかったかな?^^
戻ると、羽釜のごはんが炊けていました。みんなでせーので蓋を開けると  ふ わ 〜 っと美味しそうな炊きたてのごはんの香りが・・・!!
みんなで炊いたごはんをお気に入りのお茶碗によそい、収穫した卵をのっけてこだわりのお醤油をかける。セーブしたくてもついつい2杯、3杯・・・としゃもじに手がのび食べてしまう。恐るべし卵かけごはん。
これが “究極に旨い卵かけごはん” なのです!
 O 様 ありがとうございました!!

\\こちらのイベントは、現在 TABICA にて掲載中//
① TABICAアクセス
② 下のページから日程リクエスト
③ 返事を待つ!
究極のTKGを食べたい人!リクエストお待ちしています♪♪

\\サポーター’s 作業日程//
◯INAKA PROJECT の活動を支える人を”サポーター”と呼んでいます。その内容は、畑のお手伝いやDIYをしたり、ときにイベントのサポートだったり、ヤギのお世話だったり・・・。私たちの活動をサポートしませんか?
◯活動日程は、ホームページ内カレンダーから確認できます◎
●5/6(日) 8:00~12:00(予定)
  DIY & 畑のお手入れ
●5/8(火) 10:00~13:00(予定)
 平日作業デー
●5/13(日) 8:00~12:00(予定)
田植え準備 〜田おこし・代掻き〜
※未就学時の参加はできません
参加ご希望のかた、こちら【お問い合わせ / CONTACT】からお問い合わせください◎