【レポート&レシピ】∞ポテトまつり!! ~2種類のじゃがいもの話~
July 21, 2018

6月に行ったじゃがいも掘り!(レポートは → *コチラ* )じゃがいも達は、その日いも掘りに来た方たちにはもちろん、マルシェでお配りしたり、畑に作業しにに来てくれた方にプレゼントしたりしています。(こんな風に調理したよ〜とレポートもいただきました!ありがとうございます!!)

スタッフも畑で作業した日には、その日の労賃(!?)がわりにもらってかえるのですが、まぁ・・・消費しきれません!この前、ふと食卓を見たら前菜もメインもじゃがいもになってしまいました^^;;

そもそも、私たちの畑で何の種類のじゃがいもを植えたかというとーーー

  • 男爵
  • キタアカリの2種類!

イベントでは、素揚げにしてその場でみなさんに食べていただきました◎

!! さて、ここで問題です !!

あなたは下の2つの写真のどちらがどっちのじゃがいもか、見分けられますか?

この2つ、もともと親戚で、パッと見たときに違いはほとんどなし。・・・が、よーく見ると切り口の中心に色の違いがあるのわかりますか?左の、中心が赤っぽいほうが”キタアカリ”です!

キタアカリは、よく見ると芽も赤っぽいのですぐわかります◎

では、食いしん坊のスタッフナオさんに食べ比べてみましょう!

「揚げた感じは白っぽくもみえる。掘ったばかりだからかほくほく&しっとりしてておいしい。」

といいつつも、気のせいか少し顔が険しい!

「ん!!?さっきのよりじゃがいもよりも甘く感じる!こっちのほうが美味しい!」

確かに…こちらのじゃがいもを食べているときのほうが、顔がほころんで見えますね笑

さて、家に持ち帰った男爵と&キタアカリちゃんたちの、その後はというと…

ミニじゃがゴロッといれてカレーにしたり・・・
切り方を変えて再びポテトフライにしたり・・・
オール見沼産野菜のポテトサラダにしたり・・・
※ 仕上げに添えたのは”藍”の新芽!

ここまできて、バリエーションのなさに困ってきて…

そんなときに出会ったのが、ミシュラン3つ星獲得の某餃子屋さん@阿佐ヶ谷 のメニューにある「酸辣土豆絲」(読み方はわからない…)じゃがいもの冷製中華風おつまみです!

中国では、とてもポピュラーな家庭料理として作るらしい。どんな料理かというと…

  • 千切り状のじゃがいも
  • シャキシャキしている
  • 酢がきいていてさっぱりしている
  • ビールにあう!

と、夏に美味しい一品。作り方は、ネットで調べるといろいろでてきます。主な材料は、鶏ガラスープ、塩、鷹の爪、そして決め手は”酢”。

酢がじゃがいものシャキシャキ感を出してくれるのだそう。見様見真似でできたものがコチラ♪

スライサーを使ったため細すぎてしんなりしてしまったけれど、味付けは近かった気がします◎

今週、来週末は、田んぼのお手入れをします!

来ていただいた方には、見沼野菜をプレゼント☆


\\ 草取り大作戦日程//

●7/22() 8:00~12:00

●7/28() 8:00~12:00 ←← 7/20up!!

●7/28() 14:00~18:00 

活動日程は、*ホームページ内カレンダー* から確認できます

参加ご希望のかた、*コチラ* からお問い合わせください

INAKA PROJECT の活動を支える人をサポーターと呼んでいます。その内容は、畑のお手伝いやDIYをしたり、ときにイベントのサポートだったり、ヤギのお世話だったり・・・。私たちの活動をサポートしませんか?


\\アクセスについて //

*コチラのブログ* に詳しく書いてます!

※ナビによっては住所を入力しても辿り着かないことがあります。

ご注意ください。

    

【イナピレシピ】いちごの摘み取り&いちごジャム作り♪
July 20, 2018

少し前のことのなりますが、この春、畑にたくさんのイチゴが実りました!

 

田植え前の、ほんの2~3週間の期間でしか楽しめなかったイチゴちゃん。屋外だしそんなにお世話したわけではないのに、これが美味しかったんです!その期間に畑に遊びにきた方には摘んでフレッシュなイチゴを食べていただきました・・・が、摘み取りが追いつかず、このままダメにしてしまうのはもったいないと思い、一時的に冷凍保管しました。で、作ったのが”イチゴジャム”です♪♪

 

第2回のマルシェで、そのジャムをクラッカーと一緒に楽しんでいただきました!

 

 

 

今回は、そのジャムのレシピをご紹介◎

 

材料

  • 見沼でとれたイチゴ       ・・・ 約2パック分
  • 砂糖              ・・・ いちごに対し3分の1程度の量
  • レモン(果汁ではなく生レモン) ・・・ 1/2個
  • はちみつ            ・・・ 適量

 

事前準備

  • ジャム保管用の容器を煮沸消毒
  • 今回は、容器・蓋に熱湯をいれ、湯を捨てたら自然乾燥

 

 

 

  1. 半解凍のイチゴを鍋に入れてにかける
  2. アクがでてきたら取り、こまめにかき混ぜる
  3. 砂糖を入れて、シロップがツヤっとするまで煮る。
  4. 果肉も入るようレモンを絞り、はちみつで味を整える 
  5. 容器にいれ粗熱をとり、冷やしたら完成!

 

 

 

 

消費しきれないジャムの保存に、まさか製氷トレーが役に立つとは・・・!

(ちなみに私は、よく白ワインをトレーで凍らせて冷凍庫にいれてあります◎)

 

買うより断然安く美味しくできるジャム作り、是非お試しください〜^^

    

【レポート】”究極の”TKGイベントでした◎
April 30, 2018

菜花ののこる季節に、家族で卵の収穫体験をしたい!というリクエストをいただき、究極に旨い卵かけごはんイベントを開催しました◎
炊飯器で炊いたごはんに、スーパーで買ってきた卵を割りいれ、醤油をかければ卵かけごはんの完成。でも、食卓に並べる卵かけごはんとはちょっと違うのが、このイベント!じゃあ、何をするの?というとー
1. 火を起こす。
2. 羽釜でごはんを炊く。
3. 卵を収穫する。
大きく分けてこの3つ!
“究極の”とつけるからには理由がある。まだ産まれて間もない、本当の産みたて卵を自分の手で収穫することにあるのです☆

この日、体験しに来てくださったご家族は大田区からはるばるお越しいただきました(蒲田が近いと聞き餃子に目がないスタッフ隊長は、途中ニワトリよりも餃子の話に夢中になってしまいました、ごめんなさい笑)。
ニワトリに触れるのは初めてという子どもたち、静かに鶏舎の中を覗きます。それでは、早速中に入ってみましょう♪
朝ごはんを終えたとところでしょうか?自由にのびのびスタイルの浅子ファームのニワトリさんです◎
箱の中をのぞくと・・・あったよ、あった!ニワトリの卵!!
大切そうに抱えている卵を、ごめんね〜と声かけて手を入れます。ニワトリにも伝わったのか、たくさんの卵を収穫することができました◎
スタッフが、「抱っこしてみる?」というと抱っこにチャレンジするお兄ちゃん!
「トサカ触ってみる?」というと恐る恐る手を伸ばす弟くん。
怖がって鶏舎に入れなかったり、入れても泣いちゃってお父さんに抱っこされたままだったりする子もいるのですが、この兄弟のなんと立派なコト・・・!火起こしや羽釜への火入れも楽しんでいました◎
この日は、3月末に開催したイベントの菜花がまだ残っていたので、摘み取りも楽しんでいただきました。
「2本の指でパキっと折れちゃうくらい柔らかくて美味しいんだよ〜」と、スタッフがその場で摘んだばかりの菜花を食べると、それをマネして弟くんもかぷっと食べてました。笑
ほろ苦さが特徴で子どもには決して美味しいと言えない菜花ですが、美味しかったかな?^^
戻ると、羽釜のごはんが炊けていました。みんなでせーので蓋を開けると  ふ わ 〜 っと美味しそうな炊きたてのごはんの香りが・・・!!
みんなで炊いたごはんをお気に入りのお茶碗によそい、収穫した卵をのっけてこだわりのお醤油をかける。セーブしたくてもついつい2杯、3杯・・・としゃもじに手がのび食べてしまう。恐るべし卵かけごはん。
これが “究極に旨い卵かけごはん” なのです!
 O 様 ありがとうございました!!

\\こちらのイベントは、現在 TABICA にて掲載中//
① TABICAアクセス
② 下のページから日程リクエスト
③ 返事を待つ!
究極のTKGを食べたい人!リクエストお待ちしています♪♪

\\サポーター’s 作業日程//
◯INAKA PROJECT の活動を支える人を”サポーター”と呼んでいます。その内容は、畑のお手伝いやDIYをしたり、ときにイベントのサポートだったり、ヤギのお世話だったり・・・。私たちの活動をサポートしませんか?
◯活動日程は、ホームページ内カレンダーから確認できます◎
●5/6(日) 8:00~12:00(予定)
  DIY & 畑のお手入れ
●5/8(火) 10:00~13:00(予定)
 平日作業デー
●5/13(日) 8:00~12:00(予定)
田植え準備 〜田おこし・代掻き〜
※未就学時の参加はできません
参加ご希望のかた、こちら【お問い合わせ / CONTACT】からお問い合わせください◎