【レポート】進行中!藍染プロジェクト! ~たたき染め編~
August 15, 2018

こんにちは!INAKA PROJECT スタッフの隊長です!

 

 

前回の ~乾燥編~ に続き、今回は~たたき染め編~をお送りします◎

 

空気に触れて増す藍の深みと陽の光を通してみるその色に惚れまして、その素敵な体験を自分たちの手で…と思い、種まきから始めてみることにしました。

 

 

が、藍染ってそんなすぐにできるわけではない。2月にいった藍染体験(レポはコチラ→【藍染体験してきました!】)、そこで見つけたのが淡いブルーのストール。

 

若い葉っぱだからこそできる”たたき染め”と”生葉染め”があるというのを教えていただいたので、今回こちらでたたいて染めてみました!

 

 

 

8月15日

 

 「立秋を過ぎたからか、やっぱり風が秋に近づきましたね〜

夏の終わりが近づき淋しくなった隊長が、イナピサポーター・トモちゃんに伝えると

 「そ…そう?^^;」

と苦い顔をされました。

 

 

そんなトモちゃんと、まずはひたすら藍の葉っぱを刈ります!

こんな立派なバッタもやってきた♪ よく見ると、畑には夏の虫だらけ!

 

 

とくに選別せずに刈り続けて小1時間、クルマ一杯の藍の葉っぱ!

( 草刈りが全くおいついていない畑もお披露目・・・)

 

そんなに多くの藍の株があるわけではないのだけど、刈ろうと思えばいつまでもいけちゃう。あまりにもキリがないので

 「クルマ一杯になったら終わりましょう」

と言ってみるものの、どんどんしなっていくので、中々一杯にならずにくじけそうでした ><

 

 

 

葉っぱ選び

たたき染めに使う葉っぱはどれでもいいってわけではなく、刈って30分以内のものがいいーーとどこかで見たので、しなった葉っぱは使えません。

また、どの葉っぱもいいというわけではないらしく、若くやわらかい葉っぱのほうが良いそう。茎の太いところほど、親。下の写真でみると、上の茎の方が若いのがわかります。

 

 

では、たたき染めをしてみましょう♪

 

 

葉っぱを並べる

イメージしてたものをハンカチの上に並べてみる。葉っぱの不揃い感がいいよね◎

 

たたくための準備

ガンガンたたきつづけるので、下に古雑誌等おき、その上にラップ。ハンカチを置き、その上に葉っぱを並べる。さらにラップをして挟み、最後にあて紙でかぶせる。

 

 

たたき方は…ひたすら葉っぱをたたく!それにつきます!!

たたくことで藍の葉の繊維をつぶし、それがハンカチに色移りするのです。雑にたたいてはいけません!←過去の自分に言いたい

たまに、ハンカチを裏からチラリと見てあげるといいですね◎

 

たたいてたたいてたたいてーーー

 

 

じゃーん!完成!!

青空越しに、濃く藍の葉の色素がハンカチに移っています!

たたき終わった直後は”緑色”だったけど、空気に触れさせてみたら、少し”藍色”になりました。

 

この暑い暑い季節でしかできない一つの藍染めの話でした^^

次回は、生葉染め編をお送りします!

    

【レポート】進行中!藍染プロジェクト! ~乾燥編~
July 30, 2018

こんにちは!INAKA PROJECT スタッフの隊長です!

私ゴトですが、今週後半から夏休みをいただいて青森ねぶた祭に参戦してまいります♪♪もう今から天気を祈るばかり…☀︎

 

 

田植えより少し前のお話。4月の終わりに、みんなで畑に種まきをしました。そう、”アイ”の種まきです。

藍染体験をしてきたのは2月のこと。レポはコチラ→→【藍染体験してきました!

空気に触れて増す藍の深みと陽の光を通してみるその色に惚れまして、その素敵な体験を自分たちの手で…と思い、種まきから始めてみることにしました。

藍の種をネットで探すもそんなに多くはなく、取り寄せた種は【藍色工房】と【タキイ種苗】の2種類。

 

“藍” とは、藍染のもとになる葉っぱ。育てる前はよく知らずに「どんな植物なんだろう?」と思っていました。1枚2枚…と葉がつくにつれ、本当にこれが藍の染料になるの?という感じ。初めて育てる藍の葉は、どれが正解かもわかりません。芽が出ても雑草なんじゃないか・・・という疑念すらありました。

 

でもでもこの新芽、食べれると聞いていたのでポテトサラダ(これも私たちの畑で採れたじゃがいもで作りました!)に添えて食べてみました◎カイワレより水々しく美味しかったです^^

 

 

 

6月9日

芽が出てから1ヶ月ほどすると、茎もしっかりしてきます。よく見ると葉の一部が食われている?ーーーと思ったら、藍色になっている!? ここでこれは雑草じゃなく藍の葉だったと100%確信!(今までは60%くらいしか信じていない)

 

葉っぱが結構食べられていて、よーく見ると黒いゴマ粒大の虫がたくさん。アブラムシがつくとは聞いていたが、この黒い虫は…?

 

 

調べたところ【ムリマルノミハムシ】っぽい?どこで切って読んだらいいのか全くわかりません(^^;;  

 

 

7月15日

低木になる…という噂はちがったようで、30センチほどの高さに。葉がもっさもっさしてきたのでいよいよ1番刈り!!

 

藍染にはたくさんの乾燥葉を使うということなので、ひたすら刈ります。刈ったら1~2週間後にはまたもっさもっさ生えてくるので、2番3番刈りと、ひたすら刈っては乾燥させていくのだそう。

 

 

家に帰ってネットに入れ、翌日には葉の3割程度乾燥しています!水が大好きな植物なので、刈ったその瞬間から涸れた感じがあります。

 

さらに3日後ーーー

 

天気のいい日が続いたので、あっという間に乾燥葉に。

Tシャツ1枚を藍色に染める場合、そのTシャツと同量か2倍近くの乾燥葉が必要になるので、この量では足りません;うーむ、先が長い!!

 

次回は 【たたき染め編】 を紹介します◎

 

 

夏休みの自由研究に困っているかた、INAKA PROJECT で一緒に藍の葉と遊びませんか?笑

 

 

 

おまけ

藍の葉を手で揉んで実験!

手に藍の葉っぱをのせ、手を合わせて擦ると葉の繊維が壊れて…

手が藍色になった!最初は緑色だったけれど、空気に触れることでほんのり藍色に変化!”藍”の可能性にドキドキした瞬間でした♪

    

【レポート】ミニ田んぼを作ろう! ~種・苗 編~
July 25, 2018

こんにちは、INAKA PROJECT スタッフの隊長です!

夏らしい陽射しを浴びて元気ありあまっています☀ みなさん、変わらずお元気ですか?

さて、今年田植えイベントに来てくれた方と、米作りを深く知ってもらおうとワークショップを開催しました! その名も”コメコメワークショップ”!

みんながこれから植える苗はどんな風になっているか、お米一粒から芽が出ているんだよ、というのを知ってもらえたらいいなと思い田植えの前におこないました。

田んぼに入って田植えをして、おむすび弁当食べてバイバーイってすると、だいたいの人は田んぼのことなんてすっかり忘れちゃいます笑 クーラーのきいた部屋で涼んでいる間にも…プールで遊んでいる間にも…稲は成長を続けている!

ーーーということを、もっと身近で感じてもらえたら!と思い、今年、コップのミニ田んぼと苗作りキットをお土産に持ち帰っていただきました◎

隊長も、あの日から地道にお米栽培を家でやっているのでそのご報告♪

5月某日

水をはったカップにお米の種(=お米)を浸す

3日後ーー

米から小さな芽がでて…

あれから10日後ーーー (←スラムダンク!!)

にょきにょき~とはっきりと芽が出ています!これくらいになったら薄く敷いた土に蒔いて、水やりをしながら”苗”になるのを待ちます。

田植えするときと同じようなサイズ(15センチ程度)になるのを待って、いよいよ田んぼにお引越し!

土は、100均で手に入れた[赤土][鹿沼土][培養土]

「100均一の土は…」とあまりよくない噂もネットで見たけど、お米はなんやかんやで強く生きるタイプなので大丈夫でしょう!ということで、みなさんにも説明したのですが、まぁ、実は不安でした!笑


容器には、底に排水の弁が付いている

選んだ容器は、バケツではなくプランター。理由は、バケツを加工する手間がなく、広く植えられるからというもの。

そこに上の3つの土を順番に入れて、最後に水を張るーーーと、なんと!土が浮いてきてしまった!不安的中!!^^;

とりあえず、水を少なめにしてそこに植えてみることに。水が乾いてくる前にたまにジョウロで水を足してあげること1ヶ月。。。

なんとか、30センチほどの背丈まできました!!やった!

うっかり1本植えをしてしまったので、なんとも不安定な苗たち。(田んぼでは3本植えしましたね!)

倒れそうなこの子たちの補強方法を模索中です。

ちなみに、田んぼの苗はもう腰の高さを超えています!

今週、7月28日(土) も田んぼの草取り大作戦を遂行いたします!しかもファイナル!(これ以上大きくなると稲を痛めてしまうので入ることができません…)

田植えに参加された方、お待ちしています^^

    

【イナピレシピ】いちごの摘み取り&いちごジャム作り♪
July 20, 2018

少し前のことのなりますが、この春、畑にたくさんのイチゴが実りました!

 

田植え前の、ほんの2~3週間の期間でしか楽しめなかったイチゴちゃん。屋外だしそんなにお世話したわけではないのに、これが美味しかったんです!その期間に畑に遊びにきた方には摘んでフレッシュなイチゴを食べていただきました・・・が、摘み取りが追いつかず、このままダメにしてしまうのはもったいないと思い、一時的に冷凍保管しました。で、作ったのが”イチゴジャム”です♪♪

 

第2回のマルシェで、そのジャムをクラッカーと一緒に楽しんでいただきました!

 

 

 

今回は、そのジャムのレシピをご紹介◎

 

材料

  • 見沼でとれたイチゴ       ・・・ 約2パック分
  • 砂糖              ・・・ いちごに対し3分の1程度の量
  • レモン(果汁ではなく生レモン) ・・・ 1/2個
  • はちみつ            ・・・ 適量

 

事前準備

  • ジャム保管用の容器を煮沸消毒
  • 今回は、容器・蓋に熱湯をいれ、湯を捨てたら自然乾燥

 

 

 

  1. 半解凍のイチゴを鍋に入れてにかける
  2. アクがでてきたら取り、こまめにかき混ぜる
  3. 砂糖を入れて、シロップがツヤっとするまで煮る。
  4. 果肉も入るようレモンを絞り、はちみつで味を整える 
  5. 容器にいれ粗熱をとり、冷やしたら完成!

 

 

 

 

消費しきれないジャムの保存に、まさか製氷トレーが役に立つとは・・・!

(ちなみに私は、よく白ワインをトレーで凍らせて冷凍庫にいれてあります◎)

 

買うより断然安く美味しくできるジャム作り、是非お試しください〜^^

    

【お知らせ】田んぼの草取り大作戦、参加者募集!!
July 11, 2018

「平成30年度7月豪雨」による被害が大きく、ニュースでその画を見るたびに心が痛みます。被災されている方々の、生活が1日でも早く戻りますように


 

こんにちは、INAKA PROJECT スタッフ隊長です!

毎日毎日、じめじめした湿気混じりの暑い日が続いおります☀梅雨明けが宣言されたのは6月29日のこと。なんと平年より3週間も早かったそうで、私たちも田んぼも焦っています;

 

そう、田植えからやっと1ヶ月というのに、雑草の茂り方が尋常じゃないのです泣

 

 

↑ この写真の奥側に広がるのは・・・z a s s o u !!

 

梅雨の間、自然の恵みをたっくさんいただいた見沼の田んぼは、稲と一緒に雑草も成長してくれちゃっています。これを放置すると・・・

こうなります。ここまで稲にべったりされると稲刈りも大変!

 

ーーーてことで、草取り大作戦、開催します^^

みんなで田んぼの中に入ってお手入れをしましょう♪(とくに田植えに参加されたみなさん!)

 

「田んぼは1日にしてならず」

 

来ていただいた方には、お土産に見沼で育てた野菜をお渡しします◎タイミングがよければ収穫もできるかも??

 


\\ 草取り大作戦 日程 //

●7/15(日) 15:00~18:00

●7/22(日) 8:00~12:00

●7/28(土) 8:00~12:00 ←7/20追加!!

●7/28(土) 14:00~18:00 

◯ 活動日程は、ホームページ内カレンダーから確認できます

◯ 参加ご希望のかた、コチラからお問い合わせください

◯INAKA PROJECT の活動を支える人を”サポーター”と呼んでいます。その内容は、畑のお手伝いやDIYをしたり、ときにイベントのサポートだったり、ヤギのお世話だったり・・・。私たちの活動をサポートしませんか?


 

\\ アクセスについて //

コチラのブログに詳しく書いてます!

※ナビによっては住所を入力しても辿り着かないことがあります。

ご注意ください。