おうち稲づくりのポイント

 

9月開催の稲刈り体験については

>>2021年、稲刈りの募集がはじまりました!!<<

の記事をご確認ください

 

 


 

※ 最新の記事が上に表示されます※

 

第10号

Q:穂が出たあとの水やりについて教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:穂が出た直後から半月ほどは水を切らさずたっぷりあげ、その後の半月は水がなくなったら足す程度にしてください。そして、稲刈りの1週間~10日ほど前には、バケツの水を抜く「落水」という作業を行い、稲刈りまでに土を完全に乾かします。稲刈りの目安は、ほとんどの穂が黄金色づくころ(穂が出てから40~45日くらい)です。

 

Q:穂が実りはじめましたが、スズメが心配です。対策はありますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:スズメは、もみが大好きなので、きちんと対策しておかないと全て食べられてしまいます。一番効果的な方法は、稲の上から全体に網を張ることです。ただし、スズメが入らないよう網の目は2cm以下のものにしてください。その他にもスズメを警戒させて寄せ付けない方法として、かかしを立てる、CDを吊るすなどがあります。しかしこのような方法は、最初のうちは効果がありますが、スズメはすぐに慣れてしまいます。

 

Q:いつごろ稲刈りをすればいいですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:稲刈りの目安は、穂が出てから45日前後です。穂の8割くらいが黄金色で穂の元にまだ少し青いもみが残っているくらいがいいでしょう。稲刈りの1週間~10日前には水やりを止め、バケツの水を抜いてください。刈り取りが遅れて、稲全体が黄金色になってしまうと、最初に実ったお米にヒビが入って、おいしくなくなってしまいますので、稲の様子をよく見ることをおすすめします。稲を刈り取る日は、なるべくよく晴れた日を選んでください。

 

ワークショップ付き 稲刈り体験の詳細はこちらから⇩

 

 

第9号

 

Q:ウンカを退治する方法を教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:ウンカは、稲の茎から汁を吸って稲を枯れさせる小さな害虫です。昨年は、複数の地域でウンカによる被害が見られました。ウンカには、国内で冬を越すものと中国から渡ってくるものがいて、数が多く、退治するのは大変です。昔は、ウンカが発生したら田んぼに村中の人が集まり、棒や笹などででウンカを追い落としました。前もって田んぼの水面に油をたらしておくので、油に落ちたウンカは呼吸ができなくなり死んでしまいます。現在は、化学薬品を使った防ぎ方が一般的になっていますが、バケツ稲の場合は昔のやり方をまねて、バケツの水面に少しだけ食用油を浮かべ、稲をゆすってウンカを払い落としてみるといいでしょう。

 

Q:バケツに水が入っているのに稲の葉が丸まってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:水が足りない場合、稲の葉は細く丸まります。水は十分あるのにそのような状態になる原因としては、暑さでバケツの水温が高くなりすぎたことが考えられます。近年、地球の温暖化によってお米の品質低下が問題になっています。稲にとってちょうどいい気温は、30℃程度といわれており、それより気温が高くなってしまうと稲のさまざまな働きが弱ってしまいます。人間も暑く寝苦しい夜が続くと、夏バテして体の調子が狂ってしまうのと同じですね。バケツは田んぼに比べて小さいため、水温が高くなりやすいです。水を触ってみて、お風呂のお湯くらいの温度(40℃程度)になっていたらバケツの水をいったん捨てて、新しい水に入れ替え、温度を調節してあげてください。

 

Q:稲が倒れてしまいました。元に戻せますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:植物は、根から水や土の中の栄養を吸って、茎を通して葉や花、実に届けます。倒れて茎が折れてしまうと、栄養が運べないために枯れてしまいます。したがって台風の日や風の強い日は、稲が倒れないように風よけを作ったり、家の中に入れるなど工夫してください。稲が倒れてしまった場合は、すぐに稲を起こして、写真のようなアサガオ栽培などで使うリング付きの支柱を使い全体を支えてください。リング付きの支柱は、100円ショップやホームセンターで売っています。稲は80~100cm近くまで育ちますので、60~70cm丈の支柱を使います。完全に茎が折れていなければ、稲には水や栄養を届ける力は残っているので立ち直ります。

 

Q:稲の花はいつ咲きますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:稲の花は、穂が出る8月から9月頃に咲きます。早い品種は8月初め、遅くて8月半ばから9月頃になるでしょう。開花時刻は、晴れた日なら午前9時から12時頃、曇りの日は午後3時頃になることもあります。花の咲いている時間は大変短く、晴れた朝でも数十分から2時間ほどです。「稲の花が咲く」とは、穂が開いた状態になることを言い、花びらはありませんが、穂から6本のおしべが伸びた状態が小さな白い花のように見えます。同じ穂の中でも、開花が早いもみと遅いもみがあるため、何日かにわたって花を見られる機会がありますので、毎日観察していれば見過ごすことはないでしょう。

 

 

 

第8号

 

Q:稲につきやすい害虫にはどのようなものがいますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:田んぼでは多くの虫が生息していて、稲を食べにくる害虫もいれば、その害虫を退治してくれる益虫もいます。害虫を食べるクモやトンボは、お米づくりの味方です。水上や水中ではアメンボやゲンゴロウなどが害虫を退治してくれます。

 

Q:稲が枯れてきたけど、害虫が見つかりません。どうしたらいいですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:日当たり、風通し、土や水、肥料の量など、稲が育つ条件がそろ­っていて、害虫もいないのに枯れる場合は病気の可能性があります。病気の種類によって枯れ方が異なりますので、インターネットの画像を検索するなどして当てはまるものを探してください。

  • 縞葉枯(しまはがれ)病…葉に白いしま模様の筋ができる
  • いもち病…葉や茎、穂に茶色っぽい斑点が出て、楕円形に広がる
  • ごま葉枯病…葉のさやにゴマのような茶色い斑点が出る
  • 白葉枯(しらはがれ)病…葉が白く枯れる
  • 紋枯(もんがれ)病…茎の節が黒くなる

稲の病気は他の稲に広がりやすいので、不自然な枯れ方をしている部分をハサミなどで切り取って、病気が他に広がらないようにしてください。

 

Q:スズメから稲を守る方法はありますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:スズメはJAやホームセンターで売っている鳥よけのネットをかぶせて防ぎます。ネットは1~1.5cm角程度のスズメが入れない網目のものを選んでください。穂が出たら、バケツの周りに、穂より数十cm高くなるような長さの支柱を立て、そこにネットをかぶせます。このとき、スズメが入る隙間ができないように注意し、また、スズメが勢いよく飛んできてネットの外からクチバシを穂に近づけても届かないよう、稲とネットの間にある程度の間隔をあけるようにしてください。

 

 

Q:かかしの作り方を教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:かかしはスズメなどの鳥が、大切なお米を食べてしまわないように、田んぼに立てられています。人間の形にするには大人の背丈と同じくらいの長さ(160~170cm程度)の竹と、手を広げたくらいの長さ(100cm程度)の竹を十字に組んで、人間の体の部分を作ります。上部には頭の形のように丸めたわらや布をつけ、帽子をかぶせます。そして十字に組んだ竹に服を着せて、かかしの完成です。おうちで作るときは割りばしやペットボトルを使うとミニかかしができます。

※ INAKA PROJECT のカカシ作りについて、2021年度は予定はありません

 

 

第7号

 

Q:稲の穂はいつ出てきますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:育て始めた時期やその年の気候によって異なりますが、8月中旬から9月中旬頃が穂が出る時期です。穂の赤ちゃん「幼穂(ようすい)」は茎の下から上へと向かって徐々に成長し、それに伴い、茎の幼穂のある部分が膨らんできます。その膨らみがどこにあるかで、穂が出てくる時期を予想することができます。茎の下から上を優しく触って、下の方が膨らんでいれば、1カ月くらいで穂が出ます。茎の中ほどに膨らみができている場合は、あと1、2週間で穂が出ます。茎の中の穂が大きくなると、稲の根元から葉の先端まで、まっすぐにピンと立ってきます。茎が膨らんで硬くなり、稲がまっすぐにピンと立っていたら、もうすぐ穂が出るサインです。

 

Q:稲の花はいつ咲きますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:穂が出るとすぐに写真のような花が咲きます。開花する時間は晴れた日の午前9時から12時くらいまでです。曇りの日などは午後3時頃に花が咲くこともあります。稲の花が咲くというのは、穂が開いた状態になることです。穂が開く前におしべの花粉は熟していて、穂が開くと同時におしべの花粉袋が割れ、飛び散った花粉がめしべにつきます。その間、わずか数十分ほどです。同じ穂でも上部と下部で花の咲く日がずれる場合があります。穂が出たら注意して観察してみてください。

 

Q:明らかに稲ではない花が咲きましたが、どうすればいいですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:茎の上部がいくつか枝分かれしている形をしていたら、カヤツリグサという雑草です。葉が稲よりも細くて少ないので、よく観察してください。また、ヒエもカヤツリグサと同じようによく生えてきます。実が出るまでは稲とそっくりですが、茎の分かれ目を確認することで稲とヒエを見分けられます。稲は茎の分かれ目に白い輪があり、その周辺に白い産毛のようなものが生えています。これはヒエにはない特徴です。一方、ヒエの根元の茎の色は少し赤みがかっています。カヤツリグサやヒエのような雑草は、土中の栄養を奪って稲の成長を妨げるため、よく観察して、見つけたら抜くようにしましょう。

 

 

第6号

 

Q:台風のときなどにする強風対策について教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:台風など風が強い日は家の中に入れておくと安心です。バケツ稲を動かせない場合は軒下など屋根のある場所で、ベニヤ板やビニールなどで風よけをして、稲が倒れないようにしましょう。他にも、支柱を利用する方法があります。バケツの縁に数本の支柱を立て、その支柱を取り囲むようにビニールテープなどで輪を作り、稲が倒れるのを防いでください。写真のような、100円ショップなどで販売されている朝顔用の支柱を使うと便利です。

 

 

Q:中干しの方法を教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:中干しは土の中のガスを抜き、空気中の酸素を土の中に取り入れることを目的としています。中干しによって稲の根の活力が高まり、根が地下に水を求めて伸長するため、穂ができても倒れにくい丈夫な稲に育ちます。稲の草丈が50~60cm程度で、茎が20本程度に増えた頃に、一度バケツの水を抜いて土を乾かしましょう。

どちらの条件で見るか判断できない場合は、茎が少ないとお米の収穫が少なくなるため、茎20本の確保を優先してください。ただし、7月中旬の時点で20本に満たず、草丈が60cmを超える場合は中干しを行ってください。梅雨が長引き、晴れ間がなかった場合は中干しなくても穂は実りますので、心配いりません。

バケツの水を完全に抜いたら、土の表面が乾くか、バケツと土の間に隙間ができるまで2日程度置いてください。株元から少し離れた場所に竹串などで数カ所穴をあけると空気が入りやすくなります。

 

Q:中干しのときに雨が降りそうです。どうしたら良いですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:中干し中は、軒下など雨が当たらない、風通しの良いところに置くようにしてください。バケツを移動することができない場合はビニールシートをかぶせるなどして、雨よけを作ってください。

また、粘土質の土を使っている場合は水分をたっぷり含んでいるため、乾きにくいです。中干しをする際は、土の表面にヒビが入るまで3~5日程度の時間をかけて行ってください。

ペットボトルや牛乳パックなど狭い容器で栽培している方は、中干し中の乾かし過ぎに注意が必要です。葉が細く丸まって針状になったり、色が黄色くなる場合は水不足です。すぐに水をあげてください。

 

 

Q:中干しを行う時期の茎20本の目安の理由は何ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:バケツ稲づくりセットは、田んぼの稲作の1株分を育てるためのキットとして作られています。1株として充実した穂を作るには、茎が20本程度になるのがちょうど良い本数です。それ以上茎数を増やした場合は、穂が実らない、または実りが悪いなどの無効分げつの茎が多くなります。20本程度は、出た穂の中身を充実させ、しっかりとしたお米を作るために程よい本数です。少なすぎる場合は、収穫量がその分減少します。

これは、農家が長い期間をかけて、1株に植える本数や分げつで増やす茎数など試行錯誤し、編み出された栽培方法です。農家は商品として、いかにおいしいお米を作るかを考えて稲作を行っていますので、新しい方法はどんどん考えられています。

 

 

第5号

 

Q:植え替えをしなくても問題なく収穫できますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:植え替えをしないと、稲の分げつが進んだ後の生育に都合の悪いことがたくさん出てきます。まずは、茎が密集状態になって栄養不足になってしまいます。密集状態になって湿度が高まると、病原菌が増えて病気になる可能性が高くなります。また、稲の全体に太陽の光が当たらなくなるので、光合成が少なくなり、栄養分を穂に送る時期になっても、穂を作る余力がなくなってしまいます。適切な時期の植え替えをおすすめします。植え替えの方法は、根を傷めないように注意しながら、いったん全ての苗を抜き、その中から元気な苗4、5本を一つにまとめて、バケツの真ん中に3cmの深さに植えます。その後の水管理は、苗が根付くまで土の表面のくぼみに水たまりができる程度を保ち、根付いた後は土の表面から3cm程度になるように水を保ちます。

 

Q:元気に育っていたバケツ稲が、ここ数日で葉先が茶色くなってきました。原因を教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:葉が茶色く枯れる原因には、大きく分けると、「病害虫」と「自然に」があります。「病害虫」は文字通り、稲が病気になったり、害虫がついたりして葉が枯れていきます。次に、「自然に」ですが、稲は成長するにつれて、どうしても枯れてくる部分が出てくる状態のことを示します。例えば、稲の植え替えをしたときに生えていた葉は、根元で小さく枯れてきますが、新しい葉が真ん中から出てきますので心配いりません。また、稲の葉は風で擦れ合って茶色くなってしまうことがあります。これは葉先などによく見られる現象ですので、しばらく様子を見てください。その後、もし枯れている部分が葉全体に広がってきたり、青々としている葉の元気がなくなったりした場合には、病気など別の原因を疑った方がよいかもしれません。

 

Q:バケツの中に稲以外の植物が生えてきました。なぜですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:別の植物の種が、土の中にもともと入っていたり、風で運ばれてきたりして雑草が生えることがあります。雑草は土中の栄養分を吸ってしまうため、見つけたら手で抜き取ってください。ただし、雑草の中にはヒエのように稲にそっくりな種類もあるので注意が必要です。茎元がうっすらと赤っぽくなっているものや、茎の節目に白い産毛があるものは、ヒエの可能性があります。

 

Q:稲の代表的な病気は何ですか。また、その対処法はありますか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:稲の病気はたくさんの種類がありますが、代表的なものに「いもち病」があります。稲の葉に茶色っぽい斑点が出る病気で、とても広がりやすく、注意が必要です。病気を見つけたら、他のバケツに病気を広げないよう、すぐに他のバケツと離してください。また、斑点のある部分は、ハサミなどで切り取って捨ててください。  この他にも稲の病気には、

  • 縞葉枯(しまはがれ)病…葉に白いしま模様の筋ができる
  • いもち病…葉や茎、穂に茶色っぽい斑点が出て、楕円形に広がる
  • ごま葉枯病…葉のさやにゴマのような茶色い斑点が出る
  • 白葉枯(しらはがれ)病…葉が白く枯れる
  • 紋枯(もんがれ)病…茎の節が黒くなる

などがあります。いずれも、葉先から茶色くなって枯れていくような、自然の枯れ方ではありません。

 

第4号

 

Q:5月末に芽出しをして、現在は草丈が20cmほどで4枚の葉が出ていますが、葉が細くてひょろひょろです。原因は何ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:日陰に置いていませんか。稲は太陽光で光合成を行い、成長していきますので、バケツを日陰に置くとひ弱な育ち方になります。また、成長もかなり遅れます。できれば太陽光がよく当たる場所に移動させてください。

 

Q:現在苗が10本前後あり、草丈が10cmほどで、元気なものは分げつが始まっています。苗の植え替えはどのように行えば良いですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:分げつが始まっている元気な苗も含め、根を傷めないように注意しつつ、全ての苗を抜きます。その中から元気な苗4、5本をひとつにまとめて、真ん中に3cmの深さに植え替えてください。その後の水管理は、土の表面のくぼみに水たまりができる程度を苗が根付くまで保ち、根付いた後は水を土の表面から3cm程度になるように入れて保ちます。

田植え参加のHさんの苗(2021.6.23.)

 

 

Q:苗の植え替えをしてから3週間で3分の1ほど枯れています。日当たりは良好で水は1cmに保っています。分げつは全くしません。何が原因ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:分げつしない原因として考えられるのは、苗を深く植えた場合です。田植えから数日経過した頃から周辺の古い葉が枯れ始めますが、これは根を大きくするために、葉が蓄えた養分を根に送っているからです。新しい葉が真ん中から出てきますので、心配はいりません。

 

Q:追肥はいつ頃行えばよいですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:バケツ稲づくりセットの肥料は、種まきから収穫までの間、追肥をしなくてもよいように遅効性の肥料を使用しています。稲に元気がない、色が抜けるなどの状態でなければ追肥は必要ありません。ご自身で調達された苗で育てられている場合や植え替え時に株数を増やした場合は、ホームセンターなどで一般的に販売されている化成肥料(チッソ・リン酸・カリ8:8:8の配合)を6g(ペットボトルキャップ1杯弱)程度、土に混ぜてください。

 

Q:害虫「ウンカ」の被害を防ぐにはどうすればよいでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:ウンカは日本の稲作に大きな被害をもたらす害虫です。稲の茎から汁を吸って、稲を枯らします。ウンカは日本で越冬することはできず、毎年6月から7月前半にかけて中国南部から東シナ海を越えて、主に九州を中心とした西日本へ飛来します。数が多く、退治するのが大変で、昨年も複数の地域で大きな被害をもたらしました。
今年もすでに九州や近畿などで飛来が確認されています。現在は農薬を使った対処法が一般的になっていますが、バケツ稲づくり事務局では農薬の使用を極力抑えることを推奨しているため、油を使った方法を試してみてください。バケツの水面に食用油を数滴たらした後、稲をゆすってウンカを払い落とします。油を張ったバケツに落ちたウンカは呼吸ができなくなり、死んでしまいます。

 

第3号

 

Q:ペットボトルや牛乳パックでも育てられますか? 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:ペットボトルや牛乳パックでも育てることはできますが、稲は容器に入れる土の量が多いほど元気に育ちます。バケツとペットボトルでは、バケツの方が大きく育ち、収穫できるお米の量も多くなります。しっかりした稲を育ててお米をたくさん収穫するためには、10~15リットルほどの大きさで、深さのあるバケツの使用をおすすめします。

 

Q:稲はブリキのバケツや発泡スチロールの箱でも育てられますか?また、植え替えるときの注意点はありますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:稲はブリキのバケツでも育てることができます。ただし日差しが強くなる夏場は、ブリキのバケツ自体が熱を持って中の水が高温になるため、お風呂の温度くらいに水温が上がったときは、水を入れ替えてください。発泡スチロール箱の場合は、稲が地中深く根を張れるよう、深さのある発砲スチロールにたっぷりの土を入れて育ててください。芽出しした種を土に移して、葉が3枚ほどになったら植え替えます。大きくてピンと張った元気な苗を3~4本まとめて植え替えてください。発泡スチロール箱の場合は3~4本まとめた1株を20cmほどの間隔を開けて均等に植えてください。たくさんの稲を育てる場合は肥料不足になる可能性が高いため、ホームセンターなどで300円程度で販売されているチッソ、リン酸、カリの配合が8:8:8の化成肥料を10g程度(ペットボトルキャップ1.5杯)、土全体に混ぜてください。

 

Q:15cmほど育った稲の葉先が茶色になってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:葉先が茶色になるのは、成長した葉がこすれあったためと思われます。稲や麦などの葉には、ガラス質(プラント・オパール)が含まれており、手触りが硬くザクザクしています。そのため風などで葉同士がこすれると、お互い傷つけあってしまうのです。この場合は特に稲の成長への影響はありません。

 

Q: 苗を植えてから約1週間後、バケツの水面全体が緑色の藻に覆われました。藻は取り除いた方が良いのでしょうか?水もヘドロのような臭いがします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:この藻はアオミドロといい、稲に害はありませんが、水面全体を覆っていると土の日当たりが悪くなるため、一度バケツの水を捨て、新しい水に入れ替えることをおすすめします。また、培養土などの土を使用していると、土中で肥料の発酵が進み、腐敗臭がしたり、ポコポコと泡が出ることがあります。根を傷めないような場所にスコップを垂直に差し込んで底まで隙間を空け、ホースできれいな水道などの水を流し込んでください。臭いや濁りがなくなるまで数回行います。

 

第2号

 

Q:種まきのときの土の柔らかさはどれくらいですか?雨や風があるときでも屋外で大丈夫ですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:土の柔らかさはお好み焼きのタネくらいが良いでしょう。種まき後から苗が5cm程度に成長するまでは、土のくぼみにたまる程度に、毎日水をやります。軒下などの雨が当たらず、日当たりの良い場所に置いてください。苗は5cmほど伸びれば根付きますので、水を土の表面から3cmためて、屋根のない日当たりの良い場所に移動させてください。稲の丈が高くなってからは、台風など強風のときだけ家の中に避難させてください。

 

Q:苗を移し替えた後に根付いたことを確認する方法を教えてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:バケツを揺らしても苗が倒れないでしっかり立っていれば根付いています。根付いたことを確認した後は、水を土の表面から3cm程度入れた状態で育てます。

 

Q: 2週間ほど前に植え替えをした後から元気がなくなりました。葉の色が薄くなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:植え替えを行った後は、外側の古い葉から枯れ始めますが、真ん中から新しい葉が出てきます。これは、根を作るために、古い葉から栄養を根に送るためです。色が薄くなっている葉が古い葉であれば問題ありませんが、全体的に薄い場合は肥料不足が考えられますので、追肥して様子をみてください。肥料は市販のチッソ、リン酸、カリが8:8:8の化成肥料(粒状) (ホームセンターで1kg…200円くらいで販売しています)であれば、小さじ1杯程度入れてください。

※種まきをした早々に「スズメに食べられてしまった」という声を聞きます。スズメは種が大好物なので、種まきの後はすぐにバケツの上面にネットを張ってスズメ対策をすることをおすすめします

 

第1号

 

Q:バケツ稲づくり栽培はいつから始めたらいいですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:気温が高くなる5月上旬頃の芽出しをおすすめしています。芽出しをしている間に土やバケツの準備をしておきましょう。気象状態が温暖で、高温の日が続いていれば、6月上旬の栽培開始(芽出し)でも秋の稲穂に実が入りますが、気象庁は、今年の6~7月の梅雨シーズンは梅雨前線の活動が活発となり、降水量は平年並みか多い傾向との予報を発表していますので、早めの栽培開始をおすすめします。

 

Q:バケツで用意する土の量はどれくらいですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:黒土、赤玉土、鹿沼土を6:3:1の割合で混ぜます。バケツの容量に対して約8割の土の量を用意します。

10ℓのバケツであれば黒土5ℓ、赤玉土2.5ℓ、鹿沼土0.8ℓを混ぜ合わせます。ビニールシートに広げて天気の良い日に2日ほど天日に干して日光消毒を行った後、バケツに少量の水と土を入れて泥にする作業を少しずつ行い、バケツの縁から5㎝下のところまで泥を作ります。その途中にバケツ稲づくりセットに添付の肥料を加えます。(添付の肥料は、1つのバケツ稲分の遅効性の化成肥料を使っていますので、市販の肥料の追肥の必要はありません)

 

Q: 家庭菜園の土は使用できますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:腐葉土や有機肥料の入った土は避けてください。バケツ稲栽培では、有機肥料が土の中で発酵して、根が腐る可能性があります。できれば、黒土、赤玉土、鹿沼土を6:3:1で混ぜた土を、2日ほど天日に干してから使用してください。土が入手できない場合、荒木田土や黒土のみでも問題ありません。

 

Q: 昨年バケツ稲づくりで使った土は使えますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:昨年の土は使えます。使うときは土をほぐして、前の年の稲の株が残っていたら取り除きます。細かな根はそのまま残しておいても大丈夫です。全体を広げて天日に干すことで、土に含まれる微生物や細菌が空気に触れて活発に動き出します。微生物や細菌は、土の中に残っている根やワラなどを分解して、植物の成長に必要な栄養分にしてくれます。

2年目も同じように育てられますが、3年目からは土の中の養分が減少して育ちが悪くなります。土を元気にさせるには土壌活性剤などが必要になりますが、手間もかかるため、新しい土を入れ替えた方が良いでしょう。

 

 

発行 JAグループバケツ稲づくり事務局