【レポート】稲藁(わら)を使ってお正月をオシャレに飾ってみよう!
December 27, 2018

もぉーいーくつ ねーるーとぉー。。。

クリスマスが過ぎ仕事納めをすると、帰省したり大掃除を始めたりと、一気に師走感がきますね!こんにちは、大河ドラマ「西郷どん」ロスな隊長です( ;∀;)

今年の夏に行った、西郷どんのオープニングに使われていた 雄川の滝(鹿児島県)の写真↑を引っぱってみました。もう鈴木亮平どんに会えないと思うと、まっこて寂しいでございもす・・・


さて、みなさんは、お正月の準備は進めていますか?

私は、今年はこれを作りたい〜と思いつつ、中々できなかった”稲藁(ワラ)でしめ縄作り”にチャレンジしました◎

しめ縄とは、神様の領域と現世の境界になるもので、不浄なものが入らないように飾るもの。大掃除が終わった家の玄関に飾ることで、その内側が清らかなものとなり、魔除けにもなるそうです。

稲藁ってこれです。

お米が実っていた稲穂を、手刈りした後にコンバインにかけ、脱穀したものの残りのやつ。

藁は集めると、ゆっくりお茶を飲みたくなってしまうような、スタッフが休憩するのにちょうどいいふかふか感があります笑

今年の収穫祭に来た方には、この藁を使って紐作りをしていただきました!

よってよって・・・ひたすらより続けると藁が1本の縄になっていきます。これを ”縄ない” といいます。

スタッフ・ユウは、この”縄ない”を極め、草履まで製作していました。※片足のみ

”縄ない”をマスターしていなければ、藁を正しい手順で扱うこともなく、隊長は縄をねじってみました。

すると、「おっ・・・」

なんとなーく、形になった・・・?

今年のお米ですが、そんなに背丈が高くもなかったので、藁の長さも必然と短め。ねじってよっていく途中に、藁を継ぎ足していけば長くなるのですがーーー時間と根性がないため省略っ!!

ほつれ気味なところや危ういところは、ハサミで整えたりスプレーで固めてどうにか(^^; どうでしょうか??

最近は、現代風・・・というかオシャレなしめ縄も多いので、私もそっちの方向でいくことにしました◎しめ縄を彩る材料は、100円ショップで見繕いました。

そんなに時間もかけず、適当に組み合わせて形を整えたら、それとなくしめ縄になった気がします!


ーーーということで、早速飾って見ました!

29日に飾るのは「二重苦」になってしまうので、目安としては、明日28日までに飾るのが良いそうですよ!時間がある方は、明日作ってみてはいかがででしょうか?